上野/湯島・オーセンティックバー「TRAD」

 

テーマ:バー

 

 

 

こんばんは。

 

またまたご無沙汰しております。

 

 

ブログを見て、自分でびっくりしちゃった。

 

前回のブログのタイトル

「あけましておめでとう」だって。

 

 

前回があけおめでなのに、

 

もう間もなく6月ですぜ。

 

 

あぁ。

時の経つのは早い…

 

 

 

ボヤボヤしてないで、アブサン、飲みましょう!

 

 

 

アブサンは強いお酒。

 

リキュールでしょ?ふん。

と片付けてしまうには、とてもとてもトテモもったいない!

 

甘みと絶妙な苦みと、その美しい色に魅せられてしまう

とっても素敵なお酒なのです。

 

 

 

だいたいさ、「薬草系リキュール」って

なんかかっこいいでしょ?

 

回復しそうだし。

 

 

飲み方はいろいろありますが、

まずはストレートでどうぞ。

 

 

ボトルもおしゃれ。

 

 

原料のニガヨモギのツヨンという成分が幻覚を引き起こすとされていて、

ツヨンの含有量によっては販売できないものもあるそうな。

 

 

 

ちょっと脱線しますが。

 

薬草系リキュールの「薬草」と聞いて、まず頭に浮かぶのが

ドラクエの「薬草」ですよ。

 

 

薬草使うと回復するんですね。

 

 

で、思ったのですが。

あれかね。

 

 

もちろん体力的に回復もするけど、幻覚作用もあっての回復だったのかしら…?!

 

などと、子供のころには思いもしなかったことをひらめいて、

ドラクエ深いわ〜と感心してみたり。

 

 

さて。戻ります。

 

アブサンの飲み方は他にもあるんですよ。

水割りとか。

 

 

じゃーん。

 

 

オシャレにセット完了。

 

 

水割りも普通に水で割って、はいどうぞ、じゃないのです。

 

 

アブサンスプーンに角砂糖をのせて、

少しずつ水を垂らしていく…

 

 

 

角砂糖が

 

 

少しずつ…

 

 

溶けていく…

 

 

そして色にも変化が。

 

透き通るほどの緑色が、水と混ざることで白濁します。

 

 

 

マジーック(^^♪

 

アブサンスプーンもステキでしょ。

いちいちお洒落なんだなぁ。

 

 

水で割ることで飲みやすくなると同時に、

風味も変わります。

 

ウイスキーと同じですね。

 

 

深いお酒。

 

 

他にも、ファイヤー!な飲み方もありますョ。

 

ぜひお店でお楽しみくださいませ。

 

 

 

 

私事ですが、

先日、扁桃除去手術を受けまして1週間ほど入院しました。

 

術前の何か月かは扁桃炎に悩まされて、

辛くてツラクテ(涙)の日々でしたが。

 

 

取ってしまってビックリ!

 

なんと快適な日々…☆

 

 

呼吸ってこんなに楽にできるのかぁ、と感動しました。

 

いろいろとご心配をおかけしましたが、

おかげさまで今はすっかり回復して元気です。

ありがとうございます。

 

 

 

扁桃炎から解放されることは快適だ、というご報告でした。

 

 

 

では今日もステキなお酒時間を…

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする